パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

タグ:howtomakeemusic

youtubeのチャンネルhowtomakeemusicの動画を紹介しています。

ハウスのドラムパートの組み立てです。


参考にしたいところはドラムパートだけでもけっこう音をいれてるところ。
これだけゴチャゴチャなってたら、あとはシンプルな構成でも
聞きごたえがありそうです。
あとサイドチェインの使い方。ハイハットやパーカッションにもかけるんですね。

サイドチェインさらにダッキングがわからない人はこの記事

あと暇だったのでテキストを訳してみました。
恒例の中学レベル翻訳です。

i set the tempo to 128 bpm.

私はテンポをを128bpmにセットする。

i choose a nice kick drum from
 my sample collection.

私は私のサンプルコレクションから
ナイスなキックドラムを選択した。

i create a simple 4 to the floor beat
 with the kick.

私はキックで単純な四つ打ちを作った。

i assign all the samples to a separate
 mixer tracks for level controlling,
   eq and effects.

私はすべてのサンプルをそれぞれ分離して
ミキサートラックにアサインする。
レベルコントロールやeqやエフェクトのために。

the kick drum needed a little high-end boost
 so i added a fruity paramatric eq 2 to
  it's mixer track and boosted frequencies
   from 6000Hz and above using high shelf band.

キックドラムは少しのハイエンドブーストを必要としているので、
私はpeq2をミキサーに追加し、ハイシェルフバンドを使って、
6000ヘルツより上の周波数をブーストした。

here's the results.
compare with and without the eq.

これが結果です。
イコライザーがあるのとないのを比較します。

next, i add another kick.
a low kick.
this is to add a little bit variation and
 life to otherwise steadily beating low end.

次、別のキックを追加する。
低いキック。
これは少しバリエーションを出すため、
あとしっかりしたローエンドのビートをだすため。

after setting the low kicks levels in balance,
 this is how the both kicks work together.

ローキックのレベルを調節した後、
これが両キックが一緒に働いた様子。

next, the claps.

次はクラップ。

i added two effects to make the claps sound
  more interesting:fruity delay bank and
   fruity parametric eq2

私はクラップの音をおもしろくするために二つのエフェクトを追加した、
ディレイバンクとPEQ2

i added the fruity delay band for
 some interesting delay effects
  and eq is there to boost the higher frequencies.

ディレイバンクはおもしろいディレイエフェクトのため、
イコライザーは高音をブーストするため。

next, some hihats.

次、いくつかのハイハット

these hihats doesn't require any additional
 effects so i move on to another sound...

これらのハイハットはエフェクトを要求していない。
よって私は別の音に移る

next sound i add is another hihat.

次の音に私は別のハイハットを追加。

for the second hihat i added fruity reeverb 2
 and fruity delay 2.
i'm also going to sidechain compress it with
 kick drum to make it "duck" a bit.

二番目のハイハットのためにリバーブとディレイを投入。
またキックドラムによるサイドチェインコンプも
かけて、すこし「ダック」にする。

here's how the reverb and delay affects to
 the sound.

これがリバーブとディレイをかけた音です。

now i sidechain the kick drum to the hihats and
 use fruity limiter as compressor to create that
  ducking effect.

いま私はキックドラムからハイハットにサイドチェインをかけてます。
リミッターのコンプレッサーを使って、ダッキングエフェクトを作っています。

now, i add some percussion sounds.

今いくつかのパーカッションを追加します。

here i add a littele swing to the beat.

ここでビートに少しスイングを追加します。

for the percussion sound i also added
 a little delay using fruity delay bank.

パーカッションにはまたディレイバンクを使って
少しディレイをかけます。

now, more percussion sounds..

今はさらにパーカッションを、

and more percussion...

さらにパーカッション、、

for this percussion sound,
 i added fruity reeverb 2.

このパーカッションには
リバーブをかける

one more percussion sound..

もう一つパーカッションを、、、

for the last percussion sound,
 i added fruity reeverb 2 and
  i'm also going to add a sidechain
   compression to it.

最後のパーカッションにはリバーブをかけて
さらにサイドチェインコンプレッションをかける。

i sidechain the kick drum to it...

キックドラムからサイドチェインをかける

...and activate the compressor to
 make it effective.

コンプレッサーを有効にして、
エフェクティブにする

okay, the basic drum sequence is now ready
 and this is how it sounds...

オーケー、基本的なドラムシーケンスの
準備ができた。
これがその音。

what i do next is i copy & paste the pattern
 few times, make them all unique and create
  a little variation to the beat...

私が次になにをするかというと
このパターンを何度かコピー&ペーストして、
全てをメイクユニークにして
ビートに少しバリエーションをあたえていきます。

and this is how the whole beat sound...

そしてこれが全体のビートサウンド

one more thing: i add soundgoodizer to the
 master track to give the whole beat
  a bit extra punch...

さらにひとつ、マスタートラックにsoundgoodizer
をさして、全体のビートに少し特別なパンチを、、

youtubeのチャンネルhowtomakeemusicの動画を紹介しています。

ループを使った動画が二つ。


最初の動画は参考になりますよね。
キックドラムだけ自前でパターン組んで、
ループを配置してイコライザーでループの低音(キックの部分)をカット
またsend to select channelでループを変更するのも楽しい。
二番目の動画はどうでしょうか。
まあサンプルをそのまま使うのではなくスライスツールで切って、
並べ替えることによってバリエーションを増やすと。
うん、使えるでしょう。

いちいち自分で音を組みたてないところが、
ループの利点であり、初心者こそ武器にしたいものです。

あとデモ曲のadam szabo----one dayって曲は
けっこうfruity slicerでループを使っていて、
ビートにいろんな成分をぶっこみたい人は参考になるかもしれない。

↑このページのトップヘ