パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

カテゴリ: agnivesh

前回、前々回に続き、agnivesh baghelの動画を紹介。

最初の4分くらい、コードの組み立て方みたいな感じですが、
私にはちょっと意味が分からなかったです。とばして見てもいいかも。
ただそこからそのコードを使って、
アルペジオとベースを作ります。
それが簡単なのにいい感じです。



harmlessのパッドのプリセットはepic pad nuc

まとめます
◯パッドはharmlessのプリセットepic pad nucを使っているようです
  そのパッドでコードを奏でます
  ピアノロールに1小節に一つのコードで、4小節分書いていきます

◯プラックはsylenth1を使っているようです
  持ってない人は適当に代用しましょう
  パッドのコードをもとにプラックにもコードを書いていきます
  構成はパッドと同じでも少し変えてもいいでしょう

◯プラックのピアノロールのオプション、ツールから
 arpeggiateを選び、trance2を選択。
 そのままでも少しノートを足したり引いたりしてもよし

◯ベースのために3xoscを立ち上げ、
  ピアノロールに一音1小節にまたがる音で、コード進行分、かく。

◯ベースにサイドチェインをかける

◯ベースにイコライザー、コンプレッサー、フィルターをかける

◯パッドにもサイドチェインをかける

◯プレイリストにビート、ベース、パッド、プラックを並べる

◯プラックはフィルターのカットオフをだんだん開くように
  オートメーション

◯キックにfruity limiterとPEQ2を挿し設定。
  (PEQ2はベースで削ったところを強調するように)

◯パッドのピアノロールのオプションのランダマイズから
  PANのつまみを回しパッド音に広がりを出す

◯新たにコード音のためharmlessを立ち上げる。(プリセットはdefaultか)
 、パッドのコードをコピペ。
  ピアノロールのオプションからchopを選び音を刻む。

◯新しいharmlessのdecayをオートメーション

◯新しいharmlessにコンプをかけ、さらにサイドチェイン、
 さらにディレイをかける

この動画で参考になったのはやっぱりピアノロールのオプションのツールの使い方。
arpeggiate 、randamaize、 chopなど
活用していきたい。

おわり


前回に続き、agnivesh baghelの動画を紹介します。
簡単にかっこいいベースラインができてます。



FLPファイルはリンク切れでダウンロードできません。
あと私はsylenth1持ってないよ。
だけどもなんでも代用できるでしょ。
プリセットでArpの項目であったり名前がついてればいける。
まあチャンネルセッティングのアルペジエータ使ったり、
ピアノロールのリフマシン使ったりしてもよさそう。

まとめます
◯sylenth1でARPのプリセットを選び、1小節にまたがるノートを書く(低音気味)
◯サイドチェイン用のキックを作る。
  キックのクローンを作り、ミキサートラックにアサイン。
  そのミキサートラックをsylenth1のミキサートラックへ、(sidechain to this track only)
◯sylenth1のミキサートラックにfruity limiterを挿してサイドチェイン。
◯出来上がったARP×サイドチェインにharmlessのサブベースを合わせる。
  (プリセットはjust the sub golでよさそう)

なおサイドチェインとは?な人は、
ぜひこのページを見てください。
howtomakeemusic7 サイドチェイン

おわり

私がDTMを始めて驚いたのは、
ミックスという作業の難しさ。
それで飯を食ってる人もいるくらいの奥深いものである。
ただパンク精神というか、ヘタウマ精神というか、
素人が適当にやって面白いという世界を信じていた私は、
現実を突き付けられました。
ミックスだけは確かな知識と経験が必要なようです。

今回紹介する動画の作成者はagnivesh baghelという人。
FLのデモソングにも採用されている人です。


まとめます
●キックのミキサートラックにPEQ2をさす
●中音域を少し下げ
 高音域を少し上げる
 低音域を少し上げ
 超低音域を少し下げる
●ベースのミキサートラックにPEQ2をさす
●一番のバンドトークンを下げる
 二番のバンドトークンを121ヘルツを置き、
 そのバンドトークンを契機に崖ができるようにする
●二番のバンドトークンのバンドウィドスを調整し低音をブーストする
●高音をあげる
●キックのPEQ2に戻り、121ヘルツ周辺を下げる
●ベースのミキサートラックにステレオエンハンサーを追加
●キックのミキサートラックにfruity compressorを追加
●ベースのミキサートラックにfruity limiterを追加

なお細かい設定はFLPをダウンロードできるからそれを見てと言われるけど、
リンクが切れててダウンロードできません。

ただミックスの考え方としてありなのではと、
キックのEQ⇒ベースのEQからまた戻って、
キックのEQでベースの音の通り道を作る。
めんどくさいけどなんどもこのグルグルをする。
主要な音にはみんなこの調整をする。と。

おわり

↑このページのトップヘ