パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

カテゴリ: SLEEP FREAKS synth レシピ

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

レーザー音


まとめます
●ソウトゥース、オクターブで重ねる
●ユニゾンを加え、ユニゾンピッチをいじる
●モノフォニックで常にグライドがかかるように。
●グライドの音程の推移を緩くする。
●リバーブをかける
●音を歪ませるために、ハードクリッパーをかける
●カットオフをローパスに。
●ピッチにLFO。30centで周期は早く。

sytrusで再現します
●プリセット「default」。
●マトリクスを設定。
 1の段のOUTを0%に。
 F1の段のOUTと1と2を100%にする
●OP1の設定画面。SH(shape)のフェーダーを50%に設定。
●OP2の設定画面。SHを50%に、さらにセグメント表示の2.0000%を
 1.0000%にする。
●MAINの設定画面。ユニゾンのORDを「2」にして、ピッチをいじる。
●sytrus上部の工具のアイコンをクリックし、
 polyphonyの項目でportaとmonoを点灯させ、
 SLIDEのツマミでピッチの推移のスピードを設定。
●マトリクス、F1の段のFXを100%に。
 コーラス(CHR)を消し、リバーブ(R)を設定。
●フィルター1の設定画面。カットオフのタイプを「ローパス」にする。
 WSの項目のENABLEを点灯させる。
 WSのエンベロープはopen state fileから「wave shaper - harsh」を選んでみました
●OP1の設定画面。セグメント表示の2.0000%の下のPEのツマミを30centにする
 PITCH⇒LFOからエンベロープを書きLFOを設定する。
●OP2の設定画面。OP1と同じようにピッチにLFOをかける

おわり

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

途切れながら変化していく効果音 


まとめます
●オシレータ1のアンプにLFO、LFOの波形はスクエア波
 これで「途切れ」
●ローパスフィルタでエンベロープ、カットオフをだんだん開く
 これで「音色が変化」
●LFOはテンポにシンク
●リバーブやディレイでお化粧

sytrusで再現します
●プリセット「default」、
●ローパスフィルタを使うので、マトリクス1の段のOUTを0%に、
 F1の段の1とOUTを100%にする
●OP1の設定画面。サイン波のままだとフィルタが開いていく感じができないので、
 SH(Shape)のフェーダーをいじり、波形を変える。(25%以上)
●フィルター1の設定画面。VOL⇒LFOからLFOを設定、音を途切れさす。
 LFOはTNSのツマミを右に振りきるとスクエア波になる
●フィルタータイプはローパスに設定。
 CUT⇒ENVからエンベロープを書き、だんだんカットオフが開いていくようにする。
●ENV、CUT、RESのツマミで調整。
togire1
togire2

●リバーブ、ディレイはマトリクス、F1の段のFXを100%にして、
 コーラスを消し、R(リバーブ)、D1(ディレイ)から設定する。

おわりです

 

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。
 
都会的なステップフィルター


まとめます。
●波形はスクエア波やノコギリ波
●ローパスフィルターをかける
●ステッパー機能でフィルターのカットオフをコントロールする。
●テンポはシンクにして曲のBPMにあわせる
●レゾナンスを加えるもよし
●リバーブを加えるのもよし

sytrusで再現します
●プリセット「default」,ピアノロールにコードを打ち込む。
●フィルターを使うので、マトリクス1の段のOUTを消し、
 F1の段の1とOUTを全開に。
●OP1の設定画面、SH(shape)のフェーダーをいじり、波形を変える。
●フィルター1の設定画面。フィルタータイプをローパスにする。
●ステップフィルターとはつまり「ゲート」ですよね。
 sytrusにはステッパーという機能はないですが、ほぼ同じ機能がある。
 それが「create sequence」である。
create sequence
 このシーケンス機能を紹介した記事が私のブログにあります。
 こちらを参照ください。howtomakeemusic trance gate effect
●もっと簡単にゲートを作りたいときは、上の画像に「open state file」ってありますよね。
 そこから「gate」と書かれているモノを選択するといいですよ。
●また自分でジグザグのエンベロープを書いて、エンベロープの一番最初の点を右クリックして、
 「loop start」って設定するのもいいね
●シーケンスの設定ができたら、ENV, CUT, RESのツマミを調節する。
●なんならボリュームも調整する。
●ここまできたところで、わたしのsytrusはアタック部分でゴツ、ゴツっと雑音が入ります。
 じゃあもうその音を消すために、フィルター2をつかおう。
●フィルター1の設定画面、WSの二つのツマミの右側に、NEXTというツマミがある。
 それを全開にするとフィルター2に音が送られる。
●マトリクス、F1の段のOUTを0%にして、F2の段のOUTを100%にする。
●フィルター2の設定画面、フィルタータイプをハイパスにして、
 ゴツゴツ音が消えるまでカットオフを調節。
●リバーブを入れたいときは、マトリクスF2の段のFXを全開にして、
 コーラスを消し、R(リバーブ)のenableを点灯させ、調節する。

おわりです、

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

トランスリード。


まとめます。
●オシレータはソウトゥース。
●ユニゾンをかける。ピッチカットオフで厚みを増やす。
●モノロテート(モノ)にして、音符のつながりの推移をコントロール。
●サスティンレベルを下げるのもよし。
●もっと厚みが欲しいときは、他のオシレータで1オクターブ上、
 1オクターブ下を重ねる。(音量は最初のオシレータより低い)
●ハイパスフィルターを使うのもよし
●最後にお化粧として、リバーブ、ディレイをかける。

sytrusで再現します。
●sytrus プリセット 'default'
●後でハイパスフィルターをかけることを考えて、
 マトリクス、1の段のOUTを0%。
  F1の段の1とOUTを100%。
  あとフィルター1の設定画面。カットオフを全開に開いておく。
BlogPaint
●OP1の設定画面。SH(Shape)のフェーダーを50%に。
●MAINの設定画面。UNISONユニゾンのORDを5にする。
 PT(ピッチ)の設定はお好みに。
●sytrusの設定画面の上にプラグと工具のアイコンがある。
 工具の方を選択して、Polyphonyの項目でMonoを点灯。
 SLIDEでノートの移動のピッチの推移のスピードを決める。
●サスティンレベルを下げるには、OP1の設定画面から、 
 VOL⇒ENVからグラフにエンベロープを書く。
●さらに太くするためにOP2,OP3を投入したい。
 そしてボリュームのエンベロープはOP1とまったく同じにしたい。
 ので、OP1のボリュームのエンベロープをコピーする。
trance lead2
 OP2、OP3のボリュームのエンベロープへペイストする。
●OP2、OP3をそれぞれソウトゥース、SHを50%にする。
●オペレータの設定画面にはピッチを調節する、セグメント表示の部分がある。
 2.0000%とある部分をいじる。
 OP2は1オクターブ下にしたいので、1.0000%にする。
 OP3は1オクターブ上にしたいので、4.0000%にする。
●マトリクスF1の段の2と3を上げる。(私は2は70%、3は80%にしてみた)
●フィルターを設定
  filter typeはハイパスフィルターを選び、
 あとは好みに合わせてfilter mode, cutoff, resonanceを設定する
BlogPaint

●最後にお化粧としてリバーブやディレイをいれる
 マトリクスF1の段のFXのツマミを100%にし、
 コーラスを消し、R(リバーブ)やD1(ディレイ)のenableを点灯させ、設定する。 

おわりです。

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

ピコピコした効果音。


まとめます。
●音程にLFOをかける。その波形をランダムにする。
●さらにもう一つのランダムのLFOを加え単純さをなくす。
●それでも面白くないと感じたら、さらにLFOを加え、
 音程の幅を広げてみる。
●LFOの周期を変える。なんなら「遅い⇒速い」みたいに操る。

sytrusで再現します。
といいたいところですが、sytrusのLFOでランダムというのが見つからない。
さらにはLFOを二つ重ねて、、、なんてできない。
さらに、さらにはLFOを三つ重ねて、三つ目はピッチの幅を広げてなんてできない。
(ピッチの幅をコントロールするツマミはあるんですけどね。
三つ目だけにそれを適用するなんてできなくて、それいじったらみんなに適用されちゃう)

なので今回はsytrusでピッチをランダムに変えるにはどうしたらいいか。
私なりに試してみました。2パターンあります。

パターン①アルペジエータのランダムを使う
●プリセットを'default'にして、OP1、好きな波形にする
●sytrus設定画面の上のプラグと工具のアイコンのうち工具の方をクリック
●arpeggiateorを設定するところで「?」のマークを点灯させる
●chordを設定するところで設定したいコード、スケールを選ぶ
●rangeを設定するところで鍵盤の範囲を決定。
●TIMEで音程の変化のスピードが変えられる
 (右クリックからedit eventやcreate automation clipでオートメーションできます)
BlogPaint

パターン②sytrusのRNDを使ってみる
●sytrusのプリセットdefault。OP1、好きな波形を選ぶ
●OP1の設定画面。PITCH⇒RANDから
 グラフの線の右端の点を上にあげて右上がりの坂にする。
●PEのツマミを上げてランダムに選択される音の範囲を広げる
BlogPaint
これでノートされるたびにランダムに選択された音がなる。
同じ音程の細かいノートをピアノロールに打ち込めば、
ピコピコした効果音に十分で、だんだん細かい音にするにも、
だんだんに細かくピアノロールに書けばいいのだが、
先のアルペジエータのように、オートメーションによって、
スムーズに細かくなっていくには、やはりアルペジエータを使い、
TIMEのオートメーションを書くのがよいと思う。
ということは、同一音程が繰り返される、アルペジエータの設定が必要なわけで、
〇バツ(X)以外のマークなら何でもいいです。(上向き三角にしておきましょうか)
〇Rangeは1.Chordは「none」。
〇TIMEを右クリックからオートメーションを書く

私もRANDという項目を設定するのは初めてで、いろいろわかったことをかきます。
〇上のグラフ「y」がピッチの高さ。
 (もちろんこれはPITCHの設定画面だから、VOLだとボリュームの大きさ、
  MODだとモジュレーションのかかる量ということになる)
 (この場合PEのツマミの値がグラフの最大値になる)
〇「x」はノートされるたびにランダムに選択される場所
 (ノートするたび、ランダムにx軸上のポイントが選択される。
  そしてそのポイントと交差するy点の音の高さで鳴る。)
パターン1のアルペジエータを使う利点はコードやスケールを選択できるということ
パターン2のRANDを使う利点はランダムに選択される音の配分ができるということ

このアルペジエータとsytrusのピッチのRANDを使えば、
ただアルペジエータを使うより、もうちょっと音程をしぼりこんでランダムに
鳴らせることに気づいた私はちょっとした曲を作ってみました。

この曲のピコピコ音がそれです。

↑このページのトップヘ