インターネットというのは本当に情報があふれていて、
いままでどれだけのワードで検索をかけてきたでしょうか。
私のブックマークになぜかこの
「サイデラ・マスタリングのブログ」の1記事がありました。
なにか検索をかけた時にひっかかって、
これは参考になると思って、ブックマークしたんでしょう。

サイデラ・マスタリングってなんじゃいと言えば、
まあこれがプロのマスタリング屋さんってやつですね。
ブログではマスタリングの考え方や、テクニックなども書いてたりします。
(書いてないのも多いです)
インターネットというのは本当にすごいですねぇ。
こういうのをただで見れるんですから。

今回は参考になった記事を紹介して、
参考になったポイントをまとめていこうかなと思います。

ミックスのレベルに関して
◯ミックスの段階では羊羹のような波形はよくない、
  魚の骨のようなものでよい
◯ピークメーターは赤がつきっぱなしはよくない
  たまに赤になるくらいでいい
◯ミックスの段階で大切なのは音量ではなくバランス。
  アンプのボリュームを上げてかっこよく聞こえればそれでいい。
  あとはマスタリングで仕上げる

サンプリング周波数による音の違い

BUS送りのコンプ

コンプで音符のコントロール
コンプはよく音符の長さをコントロールするために使う
アタックタイムは短すぎるとアタックがでないし、
遅すぎるとエッジがでなくなる
リリースタイムは短すぎるとコンプがかかりにくく、
長すぎると次の音までかかってしまう。
キックの後にベースの隙間を作ってあげる
だからキックにはたいていリバーブをかけない

リミッターのシーリングレベルについて

サンプリング周波数とは

マスタリング時のトータルコンプのセッティング
2ミックスにかけるトータルコンプは音符の長さの調整
曲にあった自然なセッティングは
グルーブを引き出し
サウンドが大きく聞こえるようになる
その基本はテンポにあったアタックタイム、リリースタイムの設定。
アタックタイムは遅めに設定する30~70msくらい
リリースタイムは基本200~500msくらい
レシオは2.0:1~4.0:1の間で
ちょっと強めのレシオで、コンプ自体は軽めにかけるのがトータルコンプのコツ
ヘッドマージンに余裕があると音が自然で厚みがでる

ノイズ対策


低音のチェック

EQの二段がけその1
全体ではhighを抑えつつ、特定の楽器(ライドやハイハットなど)を強調したい場合、
EQの二段がけをする
一台目ではシェルビングカーブでハイを落とす。
スタートポイントは4~10kHzをさぐる
二台目はEQスイープをして目的の楽器が持ち上がるところを探る
強調するのは少しでよい
あとEQで近い帯域を強調しようとするとカーブがつながってしまう。
たとえば30ヘルツと60ヘルツを同時に強調しようとしたとき
二台のEQでそれぞれを強調してあげればよい

まだまだある その2に続く