2ちゃんねるのまとめサイトは暇つぶしによく見る私も、
2ちゃんねるにいったり、書き込んだり、することはしません。
しかしFL関連のスレ、FLスレとFL初心者スレだけは参考になることもあるから
よくみてます。

FLに関する豊かな情報が「日本語で」そこにはあるのです。

自身のFLの理解を深めるためとりあえず潜ってみたいと思います。

FL Studio 初心者&質問スレ step24

なお転載禁止とありますので、私が参考になったポイントを
TIPSとしてまとめていきます。

windows media playerは音が悪い

●高音は右から、低音は左から聞こえるようにするには
>EQUOを使う
>sytrusならOUTやFXのPAN⇒KEYMで設定。

●maximusの両脇下の光るところのクリックは
 左上のグラフの信号の表示、非表示に関わる





●save preset asとsave channel state asは違う

●耳コピのために wavetone

●midiのデータにテンポが設定されていて、ソングのテンポが強制される場合
 ブラウザのcurrent project のpatternsのinitialized controlにテンポが合ったら消す
 あとはpattern1から見ていってテンポがあったら消す




●ミキサーのトラックをデフォルト状態に戻したいとき、ミキサーの左上の三角やミキサートラック
 右クリックのファイルからデフォルトを選ぶ。ブラウザのミキサープリセットをドラッグ&ドロップ
 でもよい

●さらにはミキサートラックの設定は保存できるから、
 よく使う設定は保存しとくといい。名前と色だけでも。

●プラグインの複数の同時表示はオプションのgeneral settingのauto select linked modulesを
 オフにすることで可能。
 またそれがオンになっていてもALTキーを押しながらチャンネルボタンを押すと前のプラグインは
 消えない



●ピアノロールに音声ファイルをドラッグ&ドロップでピアノロールに音声の波形が表示される
 なおピアノロールオプションのhelpersからbackground waveformで表示、非表示を選択できる
 fruity vocoderやpictcherで使うと便利だそうです

●ブラウザにあるcurrent project。currentとは「今、現在の」の意。
 そこのhistoryという項目ではでは自分がどう指示出したか、操作したかが記録されてる
 historyをクリックしてもさかのぼれるし、CTRL+ALT+Zを押していくとさかのぼっていく。
 またCTRL+Zは再実行。しかしhistoryを全然さかのぼってないと、historyを一個さかのぼる。
 オプションのgeneral settingではhistoryの数を設定できる

●楽曲のキーを変更したい場合、音程のあるプラグインのチャンネルセッティングのルートノートを
 変更していく。master pitchだと変化してほしくないものまで変化する

●FL12からステップシーケンサーのスウィングはピアノロールにも反映されるようになった。
 これは曲全体にかかる
 かかってほしくない楽器はチャンネルセッティングのswingのノブで調節する
 またピアノロールのオプション、tools>quantizeでもスイングの設定ができる

●saveするときzipで保存すると、曲で使われてるオーディオファイル、サンプル
 もflpとともにzipの中に保存される






●FL12からは複数のミキサートラックが選択できるようになっており
 ルーティングがよりしやすくなってる。
 submixもつくれる


●ピアノロールのノートを置くとき、一回前のノートの長さがコピーされるが、
 SHIFTを押しながらノートを置くとスナップの最小単位になる
 そこからそのままドラッグで長さを調整できる
 長いノートを打った後など便利

●sliced beatsのたまっていく問題は
 zipの保存からフォルダの中のファイルを一つずつ消していくしかないのか

●一度プレイリストに貼りつけたけど、結局使わないでプレイリスト上から削除した
 オーディオファイルはステップシーケンサーには残って邪魔である
 tools>macros>purge unused audio fileを選べば一気に消える

●アンプはamplifireの略で増幅器という意味がある
 リアルな世界だとギターを弾く>ピックアップが拾う>アンプが音を増幅する
 という流れ。
 HARDCOREにアンプがないのは、もう十分に音が出ていて増幅する必要がないから。
 じゃあ世にあるアンプシミュレーターってなんやねんといえば、
 音を増幅するためではなくて、リアルな製品ごとの色をまねて音を加工するため

●リアルタイム入力で、クオンタイズを合わせるにはスナップパネルのドロップダウンメニューで
 stepを選択

●midiのベロシティの入力値はオプションのmidi settingのlink note on velocity to
 で調節できる

●tools>macros>switch smart disable for all pluginはCPU負荷を軽減するのに有効

●プラグインの画面が大きくて下の方が切れてしか表示できない場合、
 プラグインオプションのdetached

●曲をパラアウトで書き出すにはエクスポートをするときWAVを選んで
 miscellaneousでsplit mixer tracksにチェックを入れる

●マスタリング時、リファレンス曲にマスタートラックのエフェクトがかからないようにするには、
 まずリファレンス曲のミキサートラックからマスタートラックへのレベルを0にし、
 マスタートラックの最終段にパッチャーをさし、
 From fl studioを右クリックからリファレンス曲のトラックを選び
 to fl studio へつなげる

おわりです