youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

Performerによるオートバッキング


このmassiveのperformerという機能。なかなかいいですね。
じゃあsytrusにそんな機能あるのか。
あるにはある。それが「create sequence」。
BlogPaint
FL Studioのエンベロープを設定するところでは
上の画像の感じで「create sequence」を選択できることが多々あります

簡単に複雑な波形が描けること、二段構えであることが
パフォーマーの優れたところじゃないでしょうか
しかしクリエイトシーケンスもなかなか便利なので
上手になりたいものです

今回の動画では音作りというか、一つの長めのノートをポンとおいて
面白い変化を付けていくというかんじなので、
ほかにどんな変化をつけているかあげてみます

〇ローパスフィルターのカットオフが低いところからだんだん開いていくエンベロープ
 (sytrusで再現するならフィルター設定画面、CUT⇒ENV)
〇リバーブもだんだん深くかかるようにエンベロープ
 (sytrusならFX設定画面。VOL⇒ENV)
〇FMのかかりをLFOで動かす
 (sytrusならOP設定画面、MOD⇒LFO)

おわり