youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

ピッチベンドを使ったダウンベース


まとめます
●ピッチベンドを使って特定の音符だけ音程を下げていく
●太めにいきたいのでユニゾン「4」
●ボリュームのエンベロープ、アタックは短く、サスティンは上げておく
●波形は丸くいきたいので「トライアングル」

sytrusで再現するのだが、ピッチベンドはシトラスにはない(たぶん)
でも同じことはもちろんできる。
チャンネルセッティングのピッチでも、シトラスのピッチでもいいから
オートメーションを書けばいいのだ。(edit events,create automation)
でもオートメーションを書くことより簡単、手軽なのは、
ピアノロールのslide機能を使うことでしょう
BlogPaint
赤いマルで二つ囲みましたね。
上の方赤いマル、三角のアイコンをクリックしてノートを書くと、
下の方の赤いマル、のようにノートに三角印がつきます
これで音程は下の方の音程にスライドで移項していきます
スライドのスピードは下の方のノートの長さで調節できます
(超便利な機能ですが、たしかFLのシンセでしか機能しなかったような気がする)
sytrusで音色をつくります
●プリセット「default」
●OP1の設定画面。波形の画像を右クリックから「triangle」。
●メインの設定画面。ユニゾンのORDを「4」にして、
 ユニゾンの設定のフェーダーをいろいろ調整。

おわり