youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

オシレーターシンクを利用したリード


まとめます
●波形選択でオシレーターシンク(saw)を選ぶ
●syncにLFOをかけて、フランジャーっぽい効果を得る
●syncをマクロコントロールからオートメーションでコントロールする
●フィルターにもその記録されたオートメーションを適用してもよし
●リバーブをかける(小さめの部屋)

この動画ではオシレーターシンクがよくわからないという人は
これをみてください

すごくわかりやすいですよね
周期だけが重要な音程を決めるオシレータAに
音色を決めるオシレータB。
オシレータBのピッチを上げていっても、無理やりオシレータAの周期に
合わされ、音程は保たれつつも波形は複雑になっていると。
シンクをかける側とか、同期する側とかいう言葉は
「音程はド!」と強制する方ですね。
多くのシンセサイザーでは音程はピアノロールで決まってるので、
オシレータシンクを選ぶと、シンクされる側、同期される側の
波形とピッチだけでコントロールします。
massiveの動画だとSYNCがそうですね。
FL Studioだと「GMS」はそうです。
でもsytrusでオシレータシンクはできないんじゃないかと思った私は
なかなか素敵な動画を発見するのです


確かにオシレータシンクっぽい音が出てる
私はFMシンセサイザーに詳しくないので原理はわからないけど、、
●OP1とOP2の波形(saw)を同じにしてOP2をOP1にモジュレーションをかけていく
 (これたぶんソウトゥースしかできない)
ついでにPWMのやり方
●OP1とOP2の波形をSAWにしてOP1はOUTを100%、OP2はOUTを-100%にする
●OP2のPHASEのツマミやエンベロープなどでコントロールする

私もsytrusでやってみます
●プリセット「default」
●マトリクス、1の段のOUTを0%にして、
 F1の段の1とOUTを100%にする
●フィルター1の設定画面、カットオフのツマミは右に振りきっておく
●OP1とOP2の波形画面を右クリックから「SAW」を選択
●マトリクス1の段の2をマイナス方向にひねってみる(-40%くらいか)
●OP2の設定画面、VOL⇒LFOでフランジャーっぽい効果を得る
 (OP2のピッチはオクターブ下げてもよい、1.0000%にする)
●シンクのかかり具合のオートメーションを記録する
 OP1の設定画面、MOD⇒MODXを右上がりの坂にする
 メインの設定画面のモジュレーションのXのツマミをオートメーションする。
 (フィルターのカットオフもMODXを右上がりの坂にするともっと音にメリハリが出る)
●マトリクス、F1の段のFXを100%にして、CHRの数字「4」を消す
 RのENABLEを点灯させ、リバーブを調整する

おわり