youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

ジャキジャキしたコード音


まとめます
●オシレータを二つ使い、両方ソウトゥース、二つ目のオシレータは音をずらし、
 デチューンさせ、音量は少し低め。
●アンプのエンベロープを調節する。
 アタックは短く、サスティンはある程度あって、リリースもある程度ある感じ
●ユニゾンを設定。(4に)
 ピッチ、パンもいじる
●モジュレーションをオシレータ1にかける
●ノイズを加える(ちょっと混ざるくらい)
●第三のオシレータを音を補強する意味でくわえる
 トライアングル波、1オクターブ下。
 フィルターは通さず、音量も低め
●オシレータ1,2とノイズをハイパスフィルターにかける
●レゾナンスも加える
●リバーブとディレイを加える
●少し歪ませる

sytrusで再現します
●プリセット「default」
●今回は五つのオペレータをつかう。
 OP1とOP2は普通の音程用。OP3はノイズ。OP4は補強用。OP5はモジュレーション用。
 マトリクスはとりあえず、1の段のOUTを消し、
 F1の段の1と2、それからOUTを100%にする
●OP1とOP2は波形画面を右クリックから「SAW」を選択。
●OP2は音程をちょっとずらすので、セグメント表示を2.0020%にする。
●マトリクス、F1の段の2は60%に絞る。
●フィルター1の設定画面。カットオフは全開で、
 VOL⇒ENVからエンベロープを設定する
●メインの設定画面ユニゾンのORDを4にする。
 ユニゾンのピッチとパンを調整する
●マトリクス1の段の5を40%に設定。
 OP5の設定画面。セグメント表示を2.0020%にする
●マトリクス、F1の段の3を55%にする
 OP3の設定画面。NS(noise)のフェーダーを100%にする
●マトリクス、4の段のOUTを40%にする
 OP4の設定画面。波形表示のところを右クリックから「triangle」を選択。
 セグメント表示を1.0000%に設定する
 ボリュームのエンベロープをフィルター1のをコピペする
●フィルター1の設定画面。ハイパスフィルターを選択し、
 カットオフ、レゾナンスを調整する
●マトリクス、F1の段のFXを100%にする
 FXに設定画面。CHRを消し、R、D1からリバーブとディレイを設定
●フィルター1の設定画面。WSのENABLEを点灯させ、
 MIXのツマミを調節

おわり