youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

スネアサウンド


まとめます
●ノイズを選択し、明るさを調節する
●ボリュームエンベロープを調節。
 アタック、サスティンを最小。ディケイで長さを調整。
●ノイズの種類を選択
●アタック感をだすため、オシレータ1にサイン波
●ノートはD3の音、ピッチは10半音上げる
●オシレータ1にピッチのエンベロープ。
 23半音下がるようにする。
●オシレータ1のボリュームもエンベロープで調節する
●ローパスフィルタで高音を削る
●レゾナンスで音に癖をつける
●ちょっと歪をつける(sine shaper)
●全体の音量を調整

sytrusで再現します
●プリセット「default」
●フィルターを使うのでマトリクス、1の段のOUTを0%に。
 F1の段の1とOUTを100%に設定。
 フィルター1の設定画面。CUTOFFを右に振りきる
●OP1の設定画面。NS(noise)のフェーダーを上げる。100%に。
 massiveではノイズの音色に関していろいろ設定があるみたいだけど、
 sytrusではこれくらいしかないような気がする。
●VOL⇒ENVでアタックは最短。サスティンレベルは0。
 ディケイで長さを調節する。
●マトリクスF1の段の2を100%にする
●OP2の設定画面。セグメント表示の2.0000%を7.0000%にして音程を上げる
●セグメント表示の下のつまみ「PE」を2300centsに設定
●VOL⇒ENVをOP1と同じに設定。
●PITCH⇒ENVで音程が下がるエンベロープを書く
●マトリクスF1の段の1と2でノイズとサイン波のレベルのバランスをとる
●OP2のボリュームエンベロープはディケイをもっと短くする
●フィルター1の設定画面。ローパスでかけ、音をマイルドにする
●レゾナンスで音に癖をつける
●WS(wave shaper)のENABLEを点灯させる、MIXのツマミで歪みの量を調節する。

おわり