youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

キックサウンド


まとめます
●サイン波を選択。(足りない時はトライアングル波混ざってもいい)
●アタック感を出すため音程は高いところに設定(C3から42半音上)
●ピッチをエンベロープで一気に-30半音まで下げる
●これだと全然低音に鳴らないので、
 もうひとつピッチエンベロープをつける(-30半音)
●一つ目のエンベロープのピッチの限界を下げる(-39半音)
●二つ目のエンベロープのピッチの限界を下げる(-36半音)
●二つのエンベロープで音色の設定が多彩になる
●ローパスフィルターをかけてみる
●歪をいれてみる

sytrusで再現します
●プリセットで「default」
●動画と同じ音程にするにはC4をノートする。
●あとでローパスフィルタをかけることを考えたマトリクス
 1の段のOUTを0%にする。F1の段の1とOUTを100%にする
 フィルター1の設定画面。CUTOFFのツマミを右に振りきる
●OP1の設定画面。セグメント表示の2.0000%を20.0000%にする
●セグメント表示の下のPEのツマミを4800centに設定する。
●PITCH⇒ENVで低くなるエンベロープを書く
●今回の設定のポイントである二つのエンベロープですが、
 以外にもLFOで再現できました。
kick lfo
●フィルター1の設定画面、ローパスで高音を削ってみる。
●フィルター1の設定画面、WSの項目、ENABLEを点灯させ歪ませる。

ボリュームが長いのでフィルター1でボリュームのエンベロープを書いた方がいいかもしれない。
またステップシーケンサーで打ち込むとC5がノートされるので
その場合はメインの設定画面でピッチをオクターブ下げるとよい

おわり