youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSを参考に、
sytrusで音作りをしています。

トランスリード。


まとめます。
●オシレータはソウトゥース。
●ユニゾンをかける。ピッチカットオフで厚みを増やす。
●モノロテート(モノ)にして、音符のつながりの推移をコントロール。
●サスティンレベルを下げるのもよし。
●もっと厚みが欲しいときは、他のオシレータで1オクターブ上、
 1オクターブ下を重ねる。(音量は最初のオシレータより低い)
●ハイパスフィルターを使うのもよし
●最後にお化粧として、リバーブ、ディレイをかける。

sytrusで再現します。
●sytrus プリセット 'default'
●後でハイパスフィルターをかけることを考えて、
 マトリクス、1の段のOUTを0%。
  F1の段の1とOUTを100%。
  あとフィルター1の設定画面。カットオフを全開に開いておく。
BlogPaint
●OP1の設定画面。SH(Shape)のフェーダーを50%に。
●MAINの設定画面。UNISONユニゾンのORDを5にする。
 PT(ピッチ)の設定はお好みに。
●sytrusの設定画面の上にプラグと工具のアイコンがある。
 工具の方を選択して、Polyphonyの項目でMonoを点灯。
 SLIDEでノートの移動のピッチの推移のスピードを決める。
●サスティンレベルを下げるには、OP1の設定画面から、 
 VOL⇒ENVからグラフにエンベロープを書く。
●さらに太くするためにOP2,OP3を投入したい。
 そしてボリュームのエンベロープはOP1とまったく同じにしたい。
 ので、OP1のボリュームのエンベロープをコピーする。
trance lead2
 OP2、OP3のボリュームのエンベロープへペイストする。
●OP2、OP3をそれぞれソウトゥース、SHを50%にする。
●オペレータの設定画面にはピッチを調節する、セグメント表示の部分がある。
 2.0000%とある部分をいじる。
 OP2は1オクターブ下にしたいので、1.0000%にする。
 OP3は1オクターブ上にしたいので、4.0000%にする。
●マトリクスF1の段の2と3を上げる。(私は2は70%、3は80%にしてみた)
●フィルターを設定
  filter typeはハイパスフィルターを選び、
 あとは好みに合わせてfilter mode, cutoff, resonanceを設定する
BlogPaint

●最後にお化粧としてリバーブやディレイをいれる
 マトリクスF1の段のFXのツマミを100%にし、
 コーラスを消し、R(リバーブ)やD1(ディレイ)のenableを点灯させ、設定する。 

おわりです。