前々回にyoutubeの"howtomakeemusic"というチャンネルの
一番古い動画を紹介した。これ

またこの動画を見ながら作った私の曲も披露した、これ


で、前回の記事では
トランスは案外作りやすかったからもっとたくさん作れるように
howtomakeemusicの動画を自分なりに掘り下げようとした。
とりあえず「イントロ」で使われている音を羅列してみた。

んで、今回は実践編。
どうやってその音を作り、並べて、トランスのイントロを作るか。

とりあえず下準備から。
まず断っておきたいのは私はミックスが下手である。
私のミックステクニックはボリューム、フェーダーの操作と、
イコライザーで低音をカットし、強調したいところをブーストするくらいである。
コンプを使いこなしたいが、どう使ったらいいのかいまだにわからない。
この下準備はそんなミックス下手な私が考えた、
糞初心者でも簡単操作でそこそこなミックスをするための手順である。
なので私以上のミックステクニックをお持ちの方はこの「下準備」は
見ないでいいでしょう。

ミックスの上手な人は、
実際に音を出しながらエフェクター(イコライザー、コンプレッサ等)をいじって、
自分の理想の音を作っていくわけです。
それはまず
①音を単体で聞いて、加工して、
②さらには全体の中でその音を聞いて、加工して、
必要であればその音が加わったことによって聞こえ方が変わった
「別の音」も加工して調整して、
③さらにさらには全体側の方(マスタートラック)を加工する。
と、こういうことができる人が上手です。

私の考えた初心者向けミックステクニックは、
マスターのミキサートラックにFLのマキシマイザー「maximus」を
最初に挿しちゃおう、というもの。
slot6くらいかな、そしてプリセットは"mastering"から選ぶ。
選びきれない人はとりあえず、"clear master"にしとこう。
(リミッター付のテンプレートでFLを起動している人はリミッターをとろう)

これは上記の③の工程をmaximusのプリセットに依存しとるわけです。
③の形を決めておいてそれにあわせて②の工程としてのボリュームのコントロールと、
簡単なイコライザーの処理をするというミックステクニックです。

ボリュームをコントロールするためには何か鳴ってないと駄目である。
前回の記事でこの「イントロ」でどんな音がなってるか書きましたね。
その中から、
ドラム類
①キックドラム
⑭ハンドクラップ
②クローズハイハット
⑮オープンハイハット
⑰ライドシンバル
⑤リズミカルな効果音
シンセ類
③ベース
pattern1ではとりあえずボリュームをコントロールするために、
これらの音を出しましょう。

ドラムのためにまずFPCを起動、
プリセットから「707」を選べばいいでしょう。
使いたい音がある人はここでパッドの音の交換をしましょう。
特にない人はそのままで。(⑭のクラップはスネアということで)
そしてmidi loopを選ぶ項目から
"dance loops" > "house" > "fpc house 01"を選びましょう。
ライドシンバルが鳴ってないので適当にならしましょう。
ピアノロールを開けてスタンプツールから"fill each 1steps"を
選んでから"lite ride"に並べてもいい。
ここから少しめんどくさいんですが、このキックからライドシンバルまでを
ミキサーにそれぞれ割り当てよう。そのさい各トラックに名前をつけよう。
ボリュームだけならfpc上でコントロールできるけど、
エフェクターを使いたくなるかもしれないしね。
ここまでをいったん「名前を付けてのセーブ」をしていつでも呼び出せるようにするのも
いいかもしれない。

⑤のリズミカルな効果音ってのは
なんか金属を叩いたような音なんですよね。
必要ないと言えば必要ないんですけど、
「なんかいろいろなってた方が面白そうに聞こえるの法則」
で、こういう「にぎやかし」は楽曲のクオリティの低さをごまかしうるんですね。
ぜひ入れましょう。
browserのpacksから使えそうな音を右クリック、"open in new channel"で
チャンネルラックにサンプラーとして出現させましょう。
"drums">"sfx"あたりに使えそうなのが多そうです。
「金属を叩いたような音」にこだわらないでいれてみましょう。
サンプル音が長くてもっとパーカッシブにしたいという人は、
サンプラーのボリュームのエンベロープをいじりましょう。
(ディケイ以外は全部ゼロで、ディケイで長さを調節)
で、ピアノロールになにか書かないと音は鳴らない。
適当に音を配置してみましょう。
その「適当に」を機械任せにしたい人は、
ピアノロールのツール項目から「riff machine」もしくは「ramdomize」を使いましょう。
もちろんミキサートラックに入れます。

次はベース
とにかくなんかシンセを選んで。ベースのプリセットを選びましょう。
ピアノロールで音を出す。「リフマシン」や「ランダマイズ」を使ってもいいが、
ここは単調でもいい、と考えると、自分でひとつの音程を選んで、
てきとうに配置していってもいい。
スタンプツールから"fill each 4 steps"を選んで、
キックの裏にあわせてもいいでしょう。
真面目に音を選ぶのはここからじゃないでしょうか。
プリセットにしろ自分で作りこむにしろ。
ミキサートラックに入れます。

あ、あとサブベースの問題がある。
なんでもサブベースとして周波数の低いサイン波を入れると、
メインのベースの低音がしっかりするらしいですよ。
sytrusのプリセットにあったから入れてみては。
もちろんメインのベースのピアノロールをコピペで。
(私にはいまいち効果はわからなかったけど。)
これもミキサートラックに入れましょうか。

これで配置したすべての音はとりあえずなったか。
ようやくボリュームコントロールに移れる。
ボリュームを決めていくにあたって、各音に配役を割り当てることが大事である。
配役というより音のデカい順ですね。
曲の主人公(一番目立つ奴)はここにはいません。
リードシンセがあとで主人公として登場するはずです。
じゃあ次に音がデカい奴は誰か。
キック君だと私は思います。
なのでとりあえずキックの音だけを出します。(ミキサーのソロ機能で)
さっそくキックのボリュームを上げたり下げたりしたいんだけど、
どうしたらいいんでしょう。基準がありません。
いえ、むしろキック君がこの舞台で二番目に音がデカい奴として基準になるのです。
なので大きすぎなければなんでもいいんですが、
とりあえずマスターチャンネルのボリュームのメーターを見て-3dBにあわせましょう。
fruity parametric EQ2(以下PEQ2)を挿して50ヘルツ以下はカットしましょう。

キックの次に音がデカいのは誰か?
ベース君じゃないですか。ベースの音を出しましょう。
もうメーターは見ないで、聞いた印象で、
「キックより少し小さいな」ぐらいにボリュームをあわせましょう。
PEQ2を挿して、同じく50ヘルツ以下はカットしましょう。
サブベースの音を出して目立たないくらいの音にしましょう。

次、クラップもしくはスネア。
これは「ベースと同じくらい」「キックより少し小さいな」という感じに、
ボリュームを合わせましょう。
PEQ2を挿して今度は100ヘルツ以下をカット。

このキック、ベース、スネアがポップミュージックの土台だと思います。
クラブミュージックではこの土台が、とくにキックとベースの低音が、
どっしり心臓に響いてきますね。
この土台の上でリードとなるシンセが大声で歌い上げる。というイメージです。
そのほかの音は音域の問題で派手に聞こえるけれども
あくまでそれはキック、ベース、スネアのしっかりさの上にあるように配置することに
注意してください。

つぎはクローズハイハット、オープンハイハット。
「スネアより小さいな」と感じが出てればいいです。
PEQ2で300ヘルツ以下をカット。
これらの音にはリバーブをかけたほうがいいかもしれない。

つぎ、ライドシンバル。
これは細かく刻んでうるさいので、「ハイハットより小さな音」で。
PEQ2で300ヘルツ以下をカット。

つぎ、リズミカルな効果音
これは「スネアより小さいな」くらい
300ヘルツ以下をカット。

これでミックスのための下準備は終わりです。
これからいろんな音を足していきますが、
ベースやスネアとの折り合いに注意してください。
あーめんどくさい。
実践編と意気込んだがここでいったん終わりにしたい。
次回こそ実際の制作に突入します。