パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

2016年01月

youtubeのチャンネル、SLEEP FREAKSの動画を参考にしてsytrusでの音作りを考えていきます。
上昇するサイレン音

ポイントをまとめます。
サスティンレベルをあげる
ピッチを上げていくエンベロープ
例として36半音(3オクターブ)上げていく。
三つのノコギリ波、音程を少しずつずらしてdetuneさせる。
みんなピッチを上げていく。
リバーブをかける、
リバーブの量もだんだん増えていくようにする。

●sytrusで再現します
●プリセットをDefault。
●ピアノロールにノートを置く。
(曲のキーに合わせた音程がよい)

●OP1の設定画面でPITCH⇒ENV。
 グラフの下、一番左のenable envelopeのマルをクリック。
 それでエンベロープを書く。アタックタイムによって音程を上昇させる。
 曲のテンポに合わせたいときはグラフの下TEMPOをクリック。
BlogPaint

●このままだとピッチのピークが1オクターブ上。
 このピークを変えるのは2.0000%って表示されているところの、
 下に2つのツマミがある。その右側PEのツマミをいじる。
 (3オクターブあげたいなら+3600centのにする)
●ノコギリ波にする方法。
 wave form波形が表示されているところがあります。
 今はサイン波(波線)が描かれています、
 その右にあるSHというフェーダーをあげて、50パーセントにしましょう。
 すると波形の表示は斜め線一本になります。
 これでノコギリ波になっています。
BlogPaint

●今までOP1にした設定をOP2,OP3にもする。
●後でリバーブをかけることを考えて、
 フィルターセクションからOP1,OP2,OP3の音を出すことにする。
 マトリクス1の段のOUTを0%にする
 F1の段左から三つのツマミ(1から3)を、全部100%にする。
 あと一番右のつまみ(OUT)で音量をコントロールする。(100%じゃうるさい)
 フィルター1の設定画面、CUTOFFのツマミを右に振りきる
BlogPaint

●OP2,OP3は少し音程をずらして、detuneにする。
 音程はちょっとずれるだけでdetuneになる。
 音程はオペレータ設定画面のセグメント表示の数字で設定できる。
 デフォルトでは2.0000%になっているがこの2.0の次の位をいじる。
 OP2はちょっとあげてOP3はさらにちょっとあげる。
BlogPaint

●最後にリバーブをかける。リバーブもエンベロープでだんだんかかるようにする。
 マトリクスF1の段の右から二番目を全開にする。
 FX設定画面に行き、コーラスはいらないのでデフォルトで4になっているのを
 ドラッグで下げて0(表示なし)にする。
 リバーブを有効にする。(RをクリックしENABLEを点灯させる)
 VOL⇒ENVからFXのボリュームのエンベロープを書く。
BlogPaint

おわり

youtubeのチャンネルhowtomakeemusicの動画を紹介しています。

タイトルにリバースリバーブエフェクトと書きましたが、
段階的にいうと音声ファイルをプレイリストに置いて、リバースにして、リバーブをかけ、
録音して、貼りつける。というかんじ。
だんだん迫ってくるみたいな効果があるので、
ボリュームのオートメーションを書いた方がなおよし。



まとめます。
作り方1
●音声ファイルをプレイリストに直に置く
●ミキサートラックにアサインしてリバーブ
●ディケイ4~6秒の長めのリバーブ
●チャンネルセッティングからサンプルをリバース
●ミキサーからレコーディング
●プレイリストに登場した録音した音を
 チャンネルセッティングからリバース
●最初の音声ファイルをまたリバースして
 リバーブの設定を変え
 さっき作った音のお尻の方に置く
●ボリュームのオートメーションを書く

作り方2
●音声ファイルをプレイリストに直に置く
●ミキサートラックにアサイン
●チャンネルセッティングの波形表示のところから
 右クリック⇒edit
●edisonで音の最初の方だけ取り出しプレイリストに置く
●その音をミキサーにアサイン、リバーブ
●ミキサーからレコーディング
●録音元の音をプレイリストから消す
●録音でできた音をチャンネルセッティングからリバース
●一番最初の音をできた音のお尻に置く
●その最初の音にリバーブ
●ボリュームのオートメーションを書く

今回の使えるポイントとしては、「録音する」ところですよね。
プレイリストから録音したい範囲を指定して、
ミキサーからトラックを指定して録音。
なお録音した音はブラウザのRecordedに自動的に保存されてるみたい。

youtubeのチャンネルにSLEEP FREAKSってあります。
web上でDTMのレッスンを行ってる会社みたいです。
youtubeで見れる講座動画が、ほんとにわかりやすくて、
さすがプロです。
でもFLstudioはぜんぜん取り上げられません。
でもこのmassiveで音作りするこの講座は、
FLのsytrusで再現できるんじゃないかと思いました。



まとめます。
オシレータはサイン波
モノを選択
サスティンレベルを上げとく
音符を移るときの音程の移動時間
ディレイとリバーブ

sytrusで再現します
●プリセットでDefault。
●OP1の設定画面。波形表示を右クリックから「SINE」を選択
●sytrusの画面の上の工具のボタンをクリック。(miscellaneous functions)
 Polyphonyという項目で、Monoを選択。
●SLIDEのつまみで音程の移動のスピードを決める。
●sytrus設定画面、右側のマトリクス一番上の段の右から二番目、
 つまりOP1のFXのつまみを右に全開。
●FX設定画面。CHRのORDの数値「4」を消す。
●D1をクリックしてENABLEを点灯させディレイを設定。
●Rをクリック、ENABLE点灯、リバーブを設定。

おわり

youtubeのチャンネル、howtomakeemusicの動画を紹介しています。

グラニュライザー。
難しいんだこれが。
でも解説してくれてるサイトがあります。
さけかんわーくす

まあいろんな可能性を秘めてそうだけど、
この動画はボーカルサンプルを使って奇妙な効果音をつくります。


今回のポイントはオートメーションですよね。
グラニュライザーで面白くするにはツマミが回されなければどうしようもない。
まとめると
●まずATTとHOLDを最小にする。
●W.SPでオートメーションを作る。
 (サンプル音が引き伸ばされる。)
●HOLDでオートメーションを作る
 (グラインの長さが変わる)
●PANでオートメーションを作る。
 (右にいったり左にいったりする幅が変わる)

グラニュライザーは音声サンプルからツマミで指定したように
音を切り刻んで並べます。
その切り刻んだかけらたちがグラインとよばれるわけです。
そしたらHOLDの0msっておかしくない?
切り刻む幅がないってことでしょ?

勉強してみます。

youtubeのチャンネル、howtomakeemusicの動画を紹介しています。

今回はFLstudioの波形編集ソフトedisonでキックを長くする動画です。
ドゥンからドゥーンって感じですね。ずっしり重くなります。



やり方をまとめると
●キック素材をedisonで開く
●はさみマークのところでinsert silenceをクリックし、
 キック素材の音部分の後ろに無音の空間をあける
 (edisonの波形画面の右上に時間が表示されています。
  動画では空間を開けたことによって全体で1.133秒になってます。)
●波形の音量が下がるところから最後までをドラッグして、
 赤色にする。(選択範囲にする)
●RUNと書かれたボタンから>Generation>Sine generator
●その設定画面、Freqを50Hz、Volumeを0.888にして
 Runをクリック。
●つなぎ目をズームして、スムーズになるようにカット。
●長いので後ろの方をカット。(0.58秒になってますね。)
●後ろの方を選択範囲にしてFade outボタンを押す。
●全体を選択範囲にして
 drag /copy sample/selectionボタンからドラッグして
 ステップシーケンサーに組み込むことができます。
 (samplerに類するソフト、プレイリストにもこれでいけます。)
●もっと短くしたいなら、お尻をカット、お尻をフェードアウトをまたする。

注意したいのはdrag/copy sample/selectionボタンは便利なんですけど、
これを使うと自動的にブラウザのSliced beatsに保存されます。
ちょっといじってはドラッグを繰り返すとどんどんSliced beatsにたまっていきますよ。

私もいろいろ作ってみましたが、案外どんなキックにもあいます。
でもこのドゥーンが合う曲ってどんな曲ですかね。

↑このページのトップヘ