パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

2015年04月

FloatGarden FL Studioの使い方
FloatGardenという方(たぶん個人)のサイトに、
FLの解説をしているコーナーがあります。

FL Studioは日本語対応してないし、image lineのサイトをみても英語がわからない人には、
なにがなんだか。
FLの操作もそうだけど、エフェクターの使い方とか、
とにかくいろんな人からいろんな切り口で説明を受けないと、
初心者は理解が進みません。

私はとくにエフェクターの解説がありがたかったです。

前回にひきつづき
youtubeのチャンネル[DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC]
を参考にしてます。


コード打ち込みのテクニック。
前のめりになってイイかんじ!シンコペーション。


ペンタトニックスケール(12356)
を使ってメロディーを構築していく過程。


プレイリストに貼りつけた
音声ファイルをいじる。

他にも参考になる動画があげられてるのですが、
制作過程しかも音作りやメロディーをリアルタイムで練りながらを
解説の言葉なしに10分以上見ることになります。
でも仕上がりが良いので興味のある人は
youtubeでみてはどうでしょうか
DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC

上の動画のテクを使って短いのつくってみた


Youtubeのチャンネルで
DTM音楽制作研究所TRACKEDMUSIC
というのを見つけました。

打ち込みの基本

ハーフテンポというドラムパターン使えそう。

EDMのフィルイン

ツマミの変化をリアルタイムで記録するやり方。

リアルなドラム表現

ゴーストノートというやり方知らなかった。

動画にあったテクニックを実践して短いの作ってみた。

宇多丸のウィークエンドシャッフルってラジオ知ってる?
その中の映画評論のコーナーが人気で、
松本人志監督作品の「R100」を取り上げた時とおもうんだけど、
まあ酷評だったんだけど、
宇多丸さんはこんなこといってたんだよ
「松本さんはお笑い史はかなり精緻に描けているが、
映画史は雑なんじゃないか。」と。

100 years of rock
まずこのサイトを開いてほしいね。
ロック史におけるジャンルの発生と代表曲のサンプルが聞ける。

次はこの動画

ベースの歴史がわかっておもしろいね。
ここのチャンネルではドラム史もあるから探してみてね。

あと有名ギターリフを100連続で弾く動画


クラブミュージック史とかヒップホップ史とかあるのかしら。

今回FL関係なかったけどまあ、曲の制作にこういう知識は、
役立つんじゃないですかね。ねぇ宇多丸さん。



この動画を見るんだな。
全部見るのはめんどくさいので、とばしとばしみるんだな。


まずコードをピアノロールに入力するんだな。
スライスツールを使ってコードのノートを切っていくんだな。
するとメロディアスになるんだな。
分散和音、アルペジオっていわれてるんだな。
スライスツールって使ったことなかったから、
参考になったんだな。

↑このページのトップヘ