パイグチのblog FL STUDIO sound sketch

FL STUDIOで参考になるサイトや、動画を紹介。

目次は右のカテゴリから「00目次」を選んでください。
soundcloud
https://soundcloud.com/paiguzzi

コメントください

私がなぜペンタブを買ったかといえば、
2ちゃんねるのFL初心者スレをまとめていたとき、
「ペンタブ+strokeitはつかえる」というレスを読んだからでした。

へぇ、ペンタブって絵をかく人のためのものと思っていたけど、
コントローラーというか、DAWの操作にも役立つのかと思ったからでした。

あとブログに画像を上げるのですが、
それに文字を書き込むのにマウスでは不便であるから。

それで私の脳内で、ペンタブという観念が
使ってみたいもの、欲しいものという領域に移行しました。

私が買ったのはワコムのINTUOS drawというもの。¥7500くらいでした。
intuos01














それでも安いと思っていたのですが、amazonでペンタブを検索すると
中国の会社だと思うんだけどHUIONというメーカーのH420という製品が
¥3500で売られており、レビューの評価も高い。
h420-1























私はべつに本格的にイラストを描きたいわけではないのでこれで十分なような気もします。

値段は倍ちがいます。そうなると悩ましくなります。
結局ワコムを選ぶのですが、私がワコムを選んだ理由は、
「日本のメーカーであり、お絵かきソフトが付属している」
「ワイヤレスキットがある」という点でした。
ワイヤレスキットは別売りで、3000円くらい。
ひょっとしたらUSBの線が邪魔くさくなるかもしれない。
安物買いの銭失い状態だけは嫌だ。ってんでINTUOS drawを購入しました。

んで早速FLで使ってみてびっくり、「別にいいってもんじゃねぇぞ」。
もう何年もマウスでポチポチやってたからなのか。
あと「ペンタブ+strokeit」、ストロークイットとはマウスジェスチャーソフトと呼ばれるもので、
PC画面上のカーソルを決まった形に動かすと、あらかじめ決めておいた操作をするというもの。
それを導入、設定するのがもうめんどくさい。
だいたいある決まったジェスチャーになんの機能をあてはめたら快適になるのかわからない。
結局マウスに戻ってます。

じゃあペンタブ買って後悔してんのかというと、そういう訳でもないんだな。
私はこれでペンタブというものがどういうものかだいたいわかったし、
パソコン上でイラストを描けるっていうのはなかなかいいもんですよ。
INTUOS draw付属ソフトである「artrage lite」って結構いいソフトです。
本格派の人にはどうかわからないけど。
あとフリーソフトでイラスト作成のものはいっぱいあって、
私はまずPIXIAというものを入れてみて、なんかやりずらかったのでアンインストールし、
次にFireAlpacaってソフト入れたらなんか使いやすいのでそれで遊んでます。
らくがき帳のように自由になんか書いてもいいし、
ノートのように文字を書いてもいい、
手帳のような使い方もできるんじゃないかな。
うん手帳はいいかもしれない。実際に手帳買うとしたら結構高かったりするし、
どうせ三日坊主で終わることを考えたら。

私のようにライトにペンタブを使うのなら、正直HUIONでよかったかもしれない。
USBのケーブルも別に邪魔くさくなく、3000円でワイヤレスにしたいとは思いません。
USBをぬくときも、「ハードウェアを安全に取り外す」をクリックしないで、
適当に引っこ抜いていいそうです。
となるとHUIONが劣っている点は
●ペンには単4電池が必要
●付属ソフトがない
●INTUOSにはついているペンを収納というか、くっつけておけるタグがない
BlogPaint











おそらくこのくらいでしょう。
まあ、あと違いとしてボタンがINTUOSは左上に2個。右上に2個の計4個。
HUIONは左側に3個。これは別に大した問題じゃない気がする。
もし今使ってるINTUOSが使い物にならなくなったら、次はHUIONを選ぶ気がする。



私がなぜこんなブログを始めたかといえばたしか、
FL歴が長くなってきても全然なんか成長してる感がない、
チュートリアル動画なんぞみてマネしてもちゃんと身についてる感がない。
じゃあブログという形でチュートリアル動画を紹介しながら、
ちょこっと解説などをしてみたらもうちょっと自分の血肉になるのではないだろうかと、
思ったからであります。
そしてそのブログはFLユーザーにそこそこ人気になり、
そこでアフィリエイトを導入して私はこづかいを得る。
こづかいを得た私はDTMに関する書籍などを読みさらに理解を深める。
それをまた皆様に私なりの言葉でわかりやすく伝える。
この好循環のはてに私はDTMマスターとなり、お金のもらえるような作曲家になってる。
ふと気が付くと適当に作った曲がアイドルに歌われ、「女々しくて」みたいなヒットソングになる。
印税が止まらなくなる。
私は自分を肯定し、他者も私を称賛。
また他者に否定されても、自分の自分に対する肯定が強いため、すこぶる幸福である。

なんという幼稚な絵を描いてるんでしょうか。
私は今まで何かに本気で取り組んだことはないので、
上に書いたようなことも、今まで通りだらだらと適当な感じで達成したい。

ところが現実ではどうですか。
上の幼稚な絵の後半はええわい。冗談みたいなもんじゃ。
問題はDTMerとして全然成長してないこと。
つまりなにもうまくいってないんですね。
私がFLを買ったときはバージョン10で、買ってちょっとするとバージョン11がリリースされました。
そりゃあ買った時と比べたら成長はしてる。
でもDTM中級者かっていわれたら、まだ初心者の域を出た気がしないんじゃ。

もっとDTMerとしてのレベルが上がり、
ブログに読者がついてからアフィリエイトを始めようかと思ってましたが、
なんか現状が少しでもいい方向に向ければと、amazonアソシエイトに登録してきました。

2ちゃんねるのFL初心者&質問スレstep22

転載禁止とありますので
私が参考になったポイントをTIPSとしてまとめていきます

●デモソングなどを開くとその曲の説明などが書かれたテキストが現れる
 あれはproject info

●パフォーマンスモードのプレイの記録は録音ボタン右クリックから、
 「CLIP」を選択して行う

●プリセットの管理はオリジナルをつくってもよい。
 「私のお気に入り」フォルダを作ったり

●slicexでクリック音が入ってしまう場合
 toolsからdeclick out all regionsかperfect all regionsを選択。

●ペンタブ+strokeitは使える

●ピアノロールのオプション、helpers>detect score scaleで
 自動的に打ち込んだノートからスケールを解析し
 ピアノロールの陰影っていうんでしょうか、ハイライトがつけられる。
 どう解析してるかは、ヒントバーを見る。

●ループ素材でプレイリストに置いたとき、自動でテンポをあわせてくれないとき
 FLでまた保存しなおすと良い。その際ACIDizedにチェック。

●サンプル素材のリバースはwave travellerを使うとパリエーションが持たせられる

●tips  http://ch.nicovideo.jp/syun77/blomaga/ar275299

ブラウザって取り外しできるやんって、おもしろがっていたら、
別に便利ではないことに気づき、元に戻そうにも前みたいに固定しない。
一生懸命ブラウザの端を引っ張ってマグネットでひっついたらいいんじゃないかと、
いじくり倒してもだめで、
こういう時にこそググれと、ググってもうまく答えにヒットしない。
なかばヤケクソ気味にブラウザを動かしてたらひっついた。固定化した!
じつは簡単なことで、ブラウザを動かそうとするときブラウザの上の方を
クリック&ドラッグするじゃない。
そうするとブラウザは影になって、持ち手というかカーソルで動かすじゃない。
左に固定したいときはそのカーソルを画面の左端にあわせる。
右に固定したいときはカーソルを画面の右端にあわせる。
もうこれは合わせるというよりぶつけるというくらい大雑把な操作でいいんですな。
非常にかんたんなことなのに1時間以上も格闘したのでメモ代わりにここに書いときます。

Fl Studio初心者&質問スレ step23

転載禁止とありますので
私が参考になったポイントをTIPSとしてまとめていきます

●WAVE素材のピッチシフト
 edisonをつかえ、newtoneをつかえ、hamorをつかえ、チャンネルセッティングをつかえ
 と書き込まれるんですが、どれも要領を得なかったので、
 fruity granulizerで試したら案外できそうなのでメモ
 guranulizerのチャンネルセッティングのピッチを上げるようにオートメーションを
 かけばいいのですが、その際 
 〇GR Spacingとwave spacingのツマミを下がっていくようにオートメーション
 〇HOLDのツマミを調整
 をやってもおもしろいね

●sytrusで特定のオペレータのピッチを固定する方法
 オペレータの2.0000%をゼロにして、左隣のヘルツの所を設定する

●複数のツマミを一つのツマミでコントロールしたいなら、dash board、
 control surfaceが使える

●プラグインオプションのstore in spare stateは設定をいったん保存できる
 でいろいろいじった後flip with spare stateでいったん保存したものと切り替えができる

●ステップシーケンサー上のチャンネルを見やすくする方法
 ALTキーを押しながら上下キーで並べ替えができる
 複数のチャンネルをフィルターグループでまとめることができる
 オプションのgeneral settingにあるauto zip empty channnelにチェックをいれると
 そのパターンで使われていないチャンネルはZIP表示される

●プリセットの整理
 自分でプログラムファイルのプリセットの所に行ってフォルダを作り整理する
 プリセットの選択するところでtree displayを選択すると階層で表示される

●チャンネルセッティングのenable main pitchは
 マスターピッチの影響を受けるか選択できる

●ピアノロール下部のいろいろコントロールできるところで、
 チャンネルピッチなどをいじったけど、やっぱり0にしたい場合。
 〇目いっぱい拡大してヒントバーを頼りに0centにする
 〇deleteツールを使う(鉛筆、刷毛、刷毛のつぎ)
 〇範囲選択してALT+X(scale levels)、multiplyを真ん中にしてaccept

●ミキサーのエフェクトスロットは名前の上でマウスホイールを回すと
 上下に移動できる

●右のALTを押しながら左クリックでミュート
 右のALTを押しながら右クリックでクオンタイズ

●FLのノートの色はMIDIのチャンネルごとに決まっている

●リアルタイムの打ち込みではmain snapをstepにするとそれなりに楽

●プレイリストの再生開始の矢印が記憶せずいつも最初からになってしまう場合
 停止ボタンを右クリックからremember seek time

●general setting のanimationは何か指示を出した時のモーションの移行の
 スピードやスムーズさに関わる

●directwaveは基本waveファイル。
 mp3を使いたいときは変換するべし
 http://online-audio-converter.com/





↑このページのトップヘ